指導者の紹介

創始者: 田中忠秀堂

 浅山一伝流柔術、兼清流総合武術、八光流柔術、空手(聖山会)その他の古流武術を習得後に逆手技に特化した護身武芸”逆手道”を創始。

第二代宗師:倉部至誠堂  千葉県柏市在住

 田中初代宗師が興した逆手道の内、柔術技、打拳技の殺法に独自に編み出した合気術を加えて合気柔術逆手道として再編し、第二代宗師として逆手道を受け継ぐ。

第三代宗師:Steve van Nieuwenhuizen オランダ デン・ハーグ市在住

 父親から継承したナコニ流柔術(欧州柔術)のほかに柔道、空手、琉球古武術を習得。後にオランダの地で倉部宗師より逆手道を習い、2013年4月に其の継承者、逆手道第三代宗師に指名される。

 

師範:

Theo Philips 師範6段 オランダ在住

師範代:

Sander Martens 師範代4段 オランダ在住

Steven Vaes 師範代4段 ベルギー人、2011年交通事故により他界。

 

 

back to top

コメントを残す